「没後50年藤田嗣治展」に行ってきたのですが、とっても良かったです。

私は、藤田嗣治というアーティストが大好きです。「没後50年藤田嗣治展」が東京都美術館で開催されていたので、行ってきました。上野駅を降り、美術館に向かって歩いていると、老若男女問わず、多くの方が美術館方面に向かって歩いていました。こんなに多くの方に愛されているのだと、知り嬉しくなると同時に、入場するまでにだいぶ時間がかかるのではないかとぞっとしながら歩いていると、ほとんどの方が上野動物園の方に向かっていきました。藤田嗣治のことばかり考えていて、パンダのことを忘れていました。会場は、混雑はしていたものの、思っていたよりもゆっくりと展示を見ることができました。初期から晩年までの作品がずらりと並んでいました。藤田が描いた犬も可愛らしくて、見とれてしまいました。すべての作品から藤田のエネルギーを感じました。晩年の作品を見ながら、涙を流していらっしゃる男性の姿を見て、私も我慢していた涙が少し流れてしまいました。藤田嗣治の作品に出会えて、本当に幸せな時間でした。