主人との仲がよいのは、マッサージをするからかも

主人は仕事の休みが日曜日のみのことが多く、さらにその日曜日には趣味の野球が入ります。2チームに所属しているので、2週連続で試合があったり、一日に2チームの試合に行ったりします。毎年体力勝負のようですが、好きなことから離れる勇気が出ないみたいです。
野球があった日はもちろん、仕事で疲れた日は必ずマッサージしてと頼まれます。マッサージというのも、うつぶせ寝の主人のふくらはぎを、私が足で踏むというものです。私は机か壁に手をかけバランスをとりながらうどんをこねるみたいに踏み続けます。バランスをとるのが難しく、私も力を入れて踏ん張るので足が筋肉痛になります。今度は私の足の筋肉を主人がほぐしてくれますので、そんなにきつくはないです。
お互いに触れることが日課のようになっているから、8年たった今でも仲良しなのかなぁと思います。マッサージは大変だけれど、夫婦の絆づくりに役立ってくれているので、がんばるしかないかぁ。主人が野球でストレス発散してまた仕事でがんばってくれる。専業主婦でいさせてくれる主人へのサポートはマネージャーでいることです。ひげ 脱毛 鼻 下