物語のばあさんに優しくしようと思う気持ちなどの話などをします

主人公たちは、大きく分けて二つの選択肢の中から、選ぼうとします。なぜ大きく分けてふたつなのかと言うと、考えすぎて幅が、広がりすぎてしまい、どれにしようか分からなくなってしまい結論的には、何もせずに、そこから帰ろうとしてしまうのかも知れないと思ったからなのです。そこで、その大きく分けた二つの選択肢の中の、その一つを、行動に、出ます。優しく少し話かけてみることにします。ばあさん調子は、どうですか?と静かな声で、話しかけてみて、それだと、まるっきり反応がありません。だからといって大声で叫んで起こしてしまい、それにより気分を悪くされて、その後に、めんどくさい事に、つなげ手島ったとしても、良くないし、なので、少し時間を、置いて得策を、改めて考えてみることに、するのです。少し考えてみると分かるし、思うのですが、その二つを、比較してみると、まるっきり逆の意味同志の比較だと思います。主人公は、少しあきれてしまった気持ちになりますミュゼ 100円

花粉症がきつくて、早くこの季節が過ぎればいいなと思っているが

桜舞い散る、この季節はきれいな風景なんだけどやっぱり外へ出ると感じるのが花粉症です。それにしても、ここ数年かなり症状に敏感になっておりとりわけ花見じゃなく鼻水があって涙が出て、目がかゆくなり頭が痛くなるわけでとても憂鬱な気分になります。
冬といえば、早く春にならないかなとあれだけ願っていたのに、早くこの季節すぎないかなと願っている自分がおかしいのではありますが、多分過ぎたらこの雨の季節おわらないかなとか、暑くて早く秋になればいいのにと愚痴を言っているのでしょう。
それにしても、全季節が自分の敵になったようなこの年の取り方ってどうなんでしょう。昔は、春はいい季節だってし、夏は夏休みで過ぎてほしくなかったし、秋は秋でスバれしかったし、冬の雪でも雪合戦に、スケートにと楽しい季節だったのだが大人になったらね。こういう感じになるわけだから…。
もっとも、子供時代を振り返っていて回顧願望があるだけだろう。多分子供の時は早く大人になりたいと思っていたはずですね。ベルタプエラリア 購入